非ユーグリッド空間

ユーグリッド

建築という仕事で 図面を書いたり 実際の工事を施工したりする作業は すべて この””ユーグリッド空間座標””という定義の中で行われます。

義務教育の小中学校、高校くらいまでの 数学や物理は すべてこの空間座標を基本として教育され、実際の社会経済活動においても、この空間が正しいもの という前提で行われます。我々人間には もう、完全固定で染みついた 空間です。

でも、実際の空間は これとは異なり 非ユーグリッド空間です。X,Y,Z軸は曲線であり、これに相対的な時間軸 引力や 磁力が存在しています。

いわば、人間の頭に染みついているこの ユーグリッド空間は 実は 「仮想の空間」なのです。
人が社会経済活動をするのに、非常に便利で使いやすいから 使っているだけで、自分の目の前にある空間とは 異なるものでX軸とY軸とZ軸は 実際の空間では 直交しておりません。

我々、建築設計をする際、紙媒体に できるだけ 3次元、4次元の空間を表現しようと、CADや CGの技法を使って表現をしますが、これ自体が 仮想空間=ユーグリッド座標の中で作成した物ですので、実際の工事では上手くいかないのです。

これは キリスト教が 20世紀になって 天動説を認め、ガリレオに謝罪した様子と ほぼ同じような形態で 
間違った手法を数千年と建築し続けているため、今になって 過去の履歴をすべて否定することができず、
これからも、間違った手法をし続けなければならない というような状態となっています。

実際の工事携わると、「空間は曲がっている」事を体感することがあります。
小さな木造住宅でも、100本の柱をすべて平行に立てることは、まずできません。
基礎コンクリートも、完璧に1面の水平に作ることは 不可能です。全て「引力」が影響するからです。

コンクリートなどの流動性のある材料は 時間=月の引力の影響で 強度が変化します。
重量の軽い軽鉄などで作られた建物と、重いコンクリートなどで作られた建物では 時間の進み方が異なります。
地球は球体なので 車や人は 行きも帰りも 常に 下り坂を進んでいるのが正しいです。

人は頭の中では ユーグリッド空間で考えますが 実際に目視、体感するのは 非ユーグリッド空間ですので
いつも、誤差を補正しながら生活しています。

東京で働くサラリーマンが休日に 山や海の自然を求めて 旅をするのは 
この 非ユーグリッド空間のほうが 体が馴染むから。また ユーグリッド空間にストレスを感じているからです。

人に良い空間 長くいても疲れない空間 ストレスを開放できる空間とは
この「非ユーグリッド空間」であり、この空間を創造する為に、我々は 
ユーグリッド座標を使う設計手法を捨てる必要があると考えます。

仮想空間から 抜けださなければならないと考ています。


スポンサーサイト

意識の陰陽一元

IMG_7527.jpg

一部読者の方々 大変 ご無沙汰しています。

相も変わらず たくさんの相談案件をいただき、ブログなど書く暇もない状況が 
50歳を超えて 対数的に上昇しておりまして 多くのご依頼を お断りしている
状況です。

私の祖父の代からなのですが
特別に 営業活動をすることをしないでも 
お客様から お仕事の依頼が切れることなく 
当社は 約70年つづいています。

私が仕事をし始めてからも、既に20年。
建築業務も、工法も、法制も どんどん変わっていく中で
たくさんの 法人が生まれては消えてきました。
その中 生きながらえてこれたのは お客様皆様とのご縁があった為と
いつも、感謝しています。

私が 仕事をする中で いつも頭の隅に置いてあるのは

「タイミング」です。  つまり 確率論=運 の事です。

数百万円の仕事をしている時に、数億円の新規依頼があっても
タイミングが悪いと判断した場合は ご遠慮させていただく事もあります。
逆に、数億円の大きな仕事の過繁期で、毎日スケジュールが一杯の時に
納期、タイミングが合うと判断したら 数万円の小さな仕事でも
無理してお受けする事もございます。 

お金、利益より その「タイミング」を 重視し それを 「ご縁」として
仕事をさせていただいています。

過去にご相談くださった クライアントの皆様の中には
丁重にお断りさせていただいた方も たくさんいらっしゃいますが
その理由は 私の 「タイミング」 で、クライアントの方々に
なんら落ち度があったわけではありませんので ご理解くださいませ。

具体的には

私が 運転中や会議中などの時間に、お電話いただいた方は ご縁がなかった。
私が ひと仕事終えて コーヒーを飲んでホッとしている時間に お電話いただいた方は ご縁があった。
そんな 感じで 運=タイミングをつなげていくようにしています。

私のお客様は 広島県をはじめ、関西・関東・海外の方もいらっしゃいますが
不思議と タイミングの合う方は ご遠方からでも、私のコーヒータイムに電話くださったり
私が 車のエンジンを止めたら すぐに掛かってきたり
会議が終わったら 見計らったかのように すぐに掛かってきたりします。

時に 「私の行動を監視しているのではないだろうか?(笑)?」 と思うほど。


でも、そんな作業が 私自身の運を上げる動作となって 約70年続いてこれたのかな
と 思います。


今日は連休で、久しぶりに ブログ書いていました。
雑記 ご一読ありがとうございました。山口




内閣改造と トヨタとマツダ

6.jpg

暦を見てみると。
8月3日の内閣改造を 発表した日は 五黄・大安・たいら・角・大くわ の吉日でした。
これは ””おおむね”” 6・12・28・8・15・9 の最小公倍数ぶりの 吉日で
計算すると おおよそ3780日ぶり 約10年に1回の吉日となります。
(確率計算上ですので 細かいご指摘は ご容赦くださいませ)

翌日4日 トヨタとマツダの 業務提携が夜7時頃 会見 調印式がされました。
この日は 四緑・赤口・さだん・亢・重日で 3日ほどの確率ではないが 契約にはまずますの吉日でした。
ただし この情報は 前日の3日には 各種ニュースで「どうも明日発表するようだ」のように伝わっておりましたので
正式合意は 3日。内閣改造と発表が重なるため 記者会見は4日というスケジュールを組んだ物と 思われます。
以前レクサスブランドの 全国一斉の同日OPEN日が 数年に一度の大吉日でしたが
このことから トヨタ・マツダのこの提携に関する意気込みのような物が 感じ取れます。

20代・30代の お若い建築主さんからは
「暦なんて そんなの 当たるの?」と 怪訝にされる方が ほとんどですが
当たるか?当たらないか?ではなくて 日本での 政治経済の重要な取り決めは
この暦に基づいて スケジューリングされているのが 現実のなのです。

大企業になるほど 経営計画は長期化しますので 3ー4年先の 吉日を 「この日」 と決めて
土地建物の取得・人員の整備教育・新商品の開発などの 準備を進めています。
 「暦なんてよくわからない。」と考えられている方が多いと思いますが
ご本人が気づいていないだけで 我々はこの暦の中で 仕事や生活をし 動かされているわけです。



九星や暦は 実際には 単なる物理的確率論でしかないわけですが
こういうパラドックスを 認識したうえで 実行するところが
日本の国民性につながっている部分もあるかもしれませんね。

確率論を利用しながら国を動かしていく 他国では聞いたこともありませんし
日本だけでは ないでしょうか。

自然と共生する家

自然と共生する家

世界中の建築家には その設計趣旨として「自然と共生する家」 というテーマに取り組んでおられる方が多いです。

私なりに、これを 表現したのが 写真の建物 Stonefree です。
1年のうち 春分と秋分の日の 2日間だけ、その正午頃、その土地に与えられる太陽光を捕まえて 日影で建物が”笑顔”になるように 設計しています。

写真は 今年2017年3月の春分の日の状況。この形が 年に2回 毎年必ず現れます。

おおよそ11時ころから 1時ころまで 約3時間 影はほぼ止まったように見え
1年の内 合計6時間程度 ”時間が止まったように見える” 事になります。(ザ ワールド!!)のような感じです。

この建物の 配置・立面・各所寸法は すべて この土地の緯度経度から算出していて これと同じものを 別の土地に建築しても 笑顔も見えませんし 時も止まりません。


パソコンやCAD上での 計算と設計を使うだけでは この造形はできません。CADの日影計算は ”地球は真球であり 公転軸から23.5度自転軸が傾いている”という 仮定の上で作成される物なので 現地では異なります。
この表現をするためには 現地で 工程に応じて 毎日の日射角度を測定して それに応じて 建物の細部寸法を微調整しながら 躯体を変更しながら 進める必要があります。ものすごく 手間暇かかる作業で 建築確認申請での 元設計図と 実際の建物では 少しですが 寸法が変わることになります。  

マヤのピラミッドも おそらく同じ手法で 建築されたのではないか と思います。

ちなみに 石と コンクリート造なので 比重・密度も高く この建物周辺の 空間だけ 歪んでいる??と思いますので
建物内部では 他より相対的に時間がゆっくり流れているはず。

私の表現する ”自然との共生”とは このような形となります。
「これは面白い建物だ」 という評判も生まれて 日本国内 海外欧米より 見学に来られる方もいらっしゃいます。

ぜひ一度 時間が止まる瞬間を見てほしいと思いますが、実際に見ると 「へーっ」って感じであまり感動も薄いのが難点かな。。。。曇りの日は見えないし。。。


^^^^^^^^^^^
この20年くらい ずっと仕事が切れずにエンドレスで活動していますので ブログなど 春分か秋分の日しか 更新していないような気がします。

今後とも よろしくお願いいたします。山口






和風建築の仕事

watsubasa.jpg

おかげ様で ずっと切れ目なく いろんなお仕事いただいておりまして お客様方々 ありがとうございます。
一方で 不動産業などもやっておりますが 今やこちらの方が本業より盛況で 時々は問い合わせの電話も鳴りやまないような状況となることもございます。
不動産業の方では これまでの私の仕事の範囲では 到底お会いすることもなかっただろう 著名な方々との出会いに恵まれ 私自身もワクワク興奮しながら 図面を引いています。

このサイトでは 特に「風水」について 深く考察書いておりおましたが 放置している間に グーグルの検索順位も下がり 他の多くに埋没してしまいましたので 少し更新、調整作業をする予定です。

いよいよ私も50代へ突入となります。

若い頃は ビル建築から いろいろやらせていただきましたが 後年は 和風建築の良い物を 1つ2つ残していきたいと思うようになりました。少し方向性も変えながら また 進んでまいりますので よろしくお願いいたします。



Ping your blog, website, or RSS feed for Free
link
new log
リンク
new coment
フリーエリア
monthly log
カテゴリ
フリーエリア
    RSSリンクの表示
    にほんブログ村 住まいブログ